老健施設長の医師の勤務時間は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の勤務時間は?

老健施設長の医師の勤務時間は?

医師と言うと、勤務時間に当直が入ることが想像されるかもしれません。老健施設の勤務体制については、省令において入所者100名に対し常勤医師が1名必要であることなどが決められています。当直をしなければいけないと決められているわけではなく、非常勤であったとしても夜勤をする医師がいるなら問題がないのです。そういったこともあり、当直をすることになる通常の病院に比べて規則的な生活ができますし、女性であっても働きやすいのではないでしょうか。

とは言え、老健施設以外の介護施設において当直の必要がないというわけではありません。特別養護老人ホームなら夜勤者以外にも宿直をする医師がいなければならないと老人福祉法で定められていて、夜勤をする者の他に当直者も配置されることになっています。夜間に関しては、老健施設とさほど変わらず夜間であっても特別養護老人ホームも忙しいということはあまりありません。老健施設でなぜ当直が必要ないかと言うと、当直をした場合には電話番をするといった業務以外には通常はないことが挙げられます。残業などもあまりないということです。環境としてゆったりした場所で仕事をしたいという医師にはぴったりでしょう。勤務時間は、非常勤であれば午前8時から午後5時までにおいて相談をすることができますし、週に1度からの勤務もできる点が特徴です。

勤務時間において常勤と判断される基準はないのですが、大体は午前9時から午後5時までやその前後ほどになるものの、細かい定めがあるわけではありません。よって、さらに短い勤務時間であっても常勤であると認められるケースもあるということです。老健施設等でなぜ医師の勤務時間が短くなっているかと言うと、どちらかと言うと元気な入所者が多いことから急変するなどといったことも少ないことも理由となっています。それでも入所者は高齢者となるので、転んでしまうだけでも大きな怪我となってしまうこともあります。よって、いつ何が起こるかはわかりませんが、そういった事態もいつも起こるわけではないのです。老健施設で働く医師は入所者の健康管理やもしもの時の治療や処置などといった対応が大切な役割となっていますので、何も起こらなければ残業をすることなく終業することができます。そして、夜勤をこなす必要もないことも、老健施設で働く医師の勤務時間を引き下げています。こういったことから、通常の病院で勤務する医師と異なることも覚えておきましょう。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.