老健施設長の医師の仕事内容は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の仕事内容は?

老健施設長の医師の仕事内容は?

日本の医療制度では疾病や怪我で入院した場合、その回復の状況を見ながら退院する時期が計画的に決められていきます。しかし、退院時に健康状態というのは患者それぞれ大きく異なっていて、中には老人保健施設に引き続き入所する方もいらっしゃいます。

この老人保健施設を管理して行くのが、老健施設長となりまして医師の方が就任することが非常に多くなります。そのため、医師としての老健施設長に従事している方は医師としての入所者の健康管理はもちろん、経営者として財務管理や入居者・労働者環境改善など多岐に渡って業務を行うことになるでしょう。

老人保健施設も色々な形態がりありまして、老人保健施設単体で存在しているものや医療機関に附属しているものなどがあります。よって、医療機関に附属しているところになりますと、医療機関の業務延長のような感じで職務を遂行していくことも多いのですが単体の施設になりますと小規模ながらも経営的な責任も大きくなって行くこともあるでしょう。

また、単体の老人保健施設になりますと医師以外にも多くの医療従事者を抱えていることもあって、老健施設長としてはその人材管理にも大きく関与をしていくことになります。基本的に医療従事者全般は人材の流動性が非常に高く、職場への定着性も低いことが知られています。 さらに、老人保健施設になりますと介護従事者の存在も非常に大きいので、業務の方向性が違う医療従事者との軋轢を生まないように調整して行くことも老健施設長としての大切な業務となって行くのです。

そして、医師としての老健施設長は当直をすることは滅多にないのですが、施設の規模によっては人材の関係で当直をしなければならないことも日常的に発生してくるでしょう。もちろん、オンコールにも対応が求められますよ。

その他、老人保健施設の評判と言うのはすぐに口コミで広がって行きます。悪いうわさがあれば患者さんの療養先として敬遠されることにもなりかねず、老人保健施設の経営に関して大きな痛手を負うことにもなって行くことでしょう。これにより、老健施設長のお仕事は医師として管理者として経営者としてトータルで業務を行っていかなければなりません。

さて、そんな老健施設長としてしっかりと施設に貢献して行きたいのであれば、ネットにおける転職エージェントへの登録にチャンレンジしてみてください。このエージェントサービスはすべて無料で行うことができますので、より多くのサービスを活用することにしましょう。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.