老健施設長は女性医師でも大丈夫?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長は女性医師でも大丈夫?

老健施設長は女性医師でも大丈夫?

日本の医療機関は、現在病床を減らしている傾向にあります。それは社会保障費を節約するためですが、それと同時に患者は医療機関から早めに退院させられることも多いのです。これにより、老人保健施設などの短期療養型の高齢者施設に入所してさらに健康回復を図っていくことも珍しくありません。

そんな老人保健施設を管理するために老健施設長というのが在籍していますが、その就任には女性医師でも特段問題はないのでしょうか?老健施設長は基本的に医師資格者がなることが良いとされていますが、医師の性別に関してはどちらが良いか等は言及されていないのです。

現在の医療行為においては治療内容によって患者性別を考慮して適当な医師に担当させると言う新しい概念が一部で存在していることもあって、このような老人保健施設でも女性医師の方が多くの入居者にとっても利便性が高いと言う意見も存在しています。

それと同時に現在の老人保健施設に関しても事実上女性入居者が増えていまして、これは日本人における平均寿命も女性の方が圧倒的に高いことが大きく関係しています。そして、女性医師のとしての老健施設長ニーズが少なからず大きくなっていると言われているでしょう。

それでも、日本における50代以上の老健施設長にぴったりの医師人材となりますと、女性医師の人材は非常に少ない状況になっているのです。しかし、今後は現在の若年層が高齢になればなるほど女性医師への需要が著しく上がって行くのは必須となるでしょう。そして、実はこの女性医師を高齢者施設に配置するにあたって、幾つかの利点が存在していると言われていますよ。

・同じ女性としての問題共有
・女性医師の分析力の優秀性

上述のように高齢者施設では女性の入居者が増加していることもあって、女性の健康状態における問題は同性である女性医師の方が原因追及にも非常に便利であると言えるでしょう。同性であればどのような自覚症状からどんな疾病を疑えるか等は想像に難くなく、色んな疾病が早期発見できる可能性が著しく大きくなって行きます。

また、日常の生活において女性は男性よりも物事の欠点や弱点を見つけることが得意です。それにより、同じ疾病状況を男性医師と女性医師が一様に分析した場合、女性医師の方がより深く分析できる力を持っていることも多いのです。

そのため、老健施設長において女性医師が担当して行くのは何ら問題もなく、高齢者の治療面で様々な利点があると言えることでしょう。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.