老健施設長の医師の年収は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の年収は?

老健施設長の医師の年収は?

日本では毎年高齢者の人口と割合が急激に増加していて、健康的な高齢者も多いのですがやはり健康状態の優れない高齢者が非常に多くなっています。健康の優れない高齢者は、健康状態を取り戻すために短期的に老人保健施設に入所することも珍しくありません。

この老人保健施設を管理しているのは老健施設長なのですが、通常は医師が担当していることも多くなって行きます。この老健施設長の年収というのはおよそどれくらいになって行くのでしょう? 老人保健施設にも大規模なものから小規模なものまでいろいろなところがありますので、その年収幅となると800万円から1,500万円ほどとなって行きます。通常の医師の平均年収から見ると非常に少なく見えるのですが、管理医としての仕事が多くなりますので肉体的な業務負担は非常に少なくなります。

そのため、日常的に多忙な医師ライフを送っていた方にとっては非常に興味深い職種と言えまして、生活をある程度維持するための職場としては割と快適なところとなっていくようです。また、定年などを設けていないことも多いので、前職を退職しても長く働き続けることもできることでしょう。

しかしながら、この老人保健施設自体が4,000カ所ほどしかまだ存在していないので、医師が老健施設長として転職していくにはまだまだ職場数が少ないということになるのです。それでも、年収の幅は職場によって意外に大きいようで、やはり経営的な業務をしっかりと任されているところになるとある程度高めの給料が提示されるようですね。

つまり、3か月の短期間にて入所者の健康状態をある程度高めなければなりませんので老健施設長のお仕事は決して楽ではなく、より良い実績を作って老人保健施設の経営にも大きく生かして行かなければなりません。

今後、日本では高齢者の数がまだまだ増えていくことになりますので、新たな老人保健施設が認可されていく可能性が高くなります。その場合は施設間における競争も激しくなって行くことは必至ですので、老健施設長としての年収幅もさらに大きくなって行くことになるでしょう。

そんな老健施設長としての医師へ出来るだけ好条件で年収にこだわったキャリアアップを行っていくのであれば、ネットでは評判の転職エージェントサービスへ情報登録を積極的に行っていくことにしてください。老健施設長として活躍が期待できる職場を個人で探していては大変効率が悪くなりますので、エージェントさんに相談して迅速な転職を心がけてください。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.