老健施設長の医師のやりがいは?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師のやりがいは?

老健施設長の医師のやりがいは?

老健施設の施設長は、医師がなることとされています。老健においては、医師は1人在籍することになっているため、その施設長が入所者全員を診ることになります。それに、老健の医師は入所している方の健康管理をすることや定期的に健康診断を行うこと、予防接種を行うこと、介護支援専門員との協力の元で自立支援を行うことなどがあります。また、外部の医療機関と連携をすることなどもあります。こうした業務を1人で行うので、書類を作成する業務も必要になります。よって、診療のみをするということではないのです。

老健施設の施設長として働く医師は、待遇が良いという点がポイントとなりその職に就いたという方が多いのが特徴です。通常の病院に勤務する医師であれば激務であるとされています。連日のように残業があり深夜に帰宅をすることも珍しくありません。それに、当直をすることもあるので、家に帰れないということもしばしばなのです。しかし、老健施設の医師であれば残業や当直はありませんし、1000万円以上の年収を得ている医師が多いこともあり、待遇面での良さに惹かれることもあるということです。好待遇だということは、それだけ老健施設の医師にとってやる気に繋がり、やりがいとなるのではないでしょうか。

勤務をしていく中では、医師にとっては入居している方たちとコミュニケーションをとることがやりがいとなることが多いです。リハビリをしながら運動機能の回復に努め、再度自宅での生活に戻れるようにすることが、老健施設に入居している方の目的となっています。よって、その方に適したリハビリができるようにするためには、コミュニケーションを図ることが重要になってきます。それに、老健施設の入居者の方は話し相手になってくれる人を欲しがっていることがあります。そういったことから、普段から高齢者の方とは会話をする機会も多くなるでしょう。同じことを繰り返して言う方や要領を得ない事を言う方も中にはいるかもしれませんが、会話の中で高齢者ご自身でも気づけていないような、認知症の兆候に気づくことができる可能性もあるでしょう。こうした気づきができるのも医師ならではとなりますし、日常的に接する中で変化を察してケアに役立てられることは、やりがいに繋がるのではないでしょうか。

また、入所している高齢者はリハビリこそ受けていますが、普段は元気であることが多いです。ただ、中には脳卒中などを起こしてしまうケースもあり、こうした救急の場合の素早い処置により助かるということも少なくないのです。よって、そうした場合に備えておくことも大事です。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.