老健施設長の医師の常勤の求人は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の常勤の求人は?

老健施設長の医師の常勤の求人は?

老健施設では、常勤医師の求人があるとすれば大体が施設を全般的に管理できる人材が求められます。そして、副施設長や施設長となるケースが大抵です。そういったこともあり、老健施設の医師と言えば中堅やベテランの域となっている医師が就くことが多いでしょう。勤務医として働いてきた医師が次の職場として選ぶのも常勤の老健施設の医師であることも少なくないのです。介護施設と言うと、特別養護老人ホームやグループホームなど種類も色々とありますが、老健施設の場合はリハビリを主に行う施設となっているため、原則として65歳以上の方であり、要介護1から要介護5までの介護保険が認定された方、40歳以上で特定疾患に認定された方が対象となっています。そういったことから、認知症のケアなども大事になるため、老健施設の常勤医師の求人では高齢者に愛情を持って接することができる人材が求められます。

老健施設は、リハビリが必要である高齢者がいる限り重要な施設となっているので、日本全体に幅広く配置されています。よって、様々な地域で医師が常勤として転職をすることも可能となるでしょう。とは言え、その施設ごとに経営者によって理念や設備等も異なりますし、入所者の人数も変わってきます。そういったことから、医師も自身に合う施設に転職をすることが大事なのです。実際に施設を見学できれば特に望ましいのですが、働きながらの転職活動などでは難しいものです。そういった場合には、担当者が親身になって支援をしてくれる、ネット上の転職サイトを活用することも一案です。

常勤の求人を見てみると、東京の三鷹では午前9時から午後5時まで、月曜日から金曜日(金曜日は半日)の勤務で、オンコールは有りと言う求人があります。年収は1400万円ほどとなるでしょう。埼玉県川口市の老健施設では、午前8時45分から午後5時45分までの勤務となっています。基本的には5日間勤務であり、当直もないため余裕をもって勤務ができるのではないでしょうか。岡山県倉敷の求人では、午前8時半から午後7時半までの勤務の募集があります。月曜日から土曜日までの勤務であり、当直はありません。給与に関しては年収1200万円から1400万円ほどとなるでしょう。鳥取県鳥取市なら、午前9時から午後5時半までの勤務となる求人があります。月曜日から金曜日までが勤務であり、年収は1200万円から1500万円ほどとなります。往診の業務がありますが、当直はない点が特徴となっています。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.