老健施設長になるのに必要な資格は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長になるのに必要な資格は?

老健施設長になるのに必要な資格は?

高齢者の自立した健康的な生活を取り戻させるために、大きな役割を持っているのが老人保健施設となります。この老人保健施設では、基本的に短期で高齢者の健康状態を向上させることを大きな目標としているのです。そして、この施設を管理するのが老健施設長と呼ばれる管理者になるでしょう。

この老健施設長ですが、一般的に医師免許を持っている者を当てることが決められています。しかし、施設のある都道府県知事の許可によって医師以外のものを施設長として指名することもできるようです。

それでも、多くの老人保健施設では医師による就任が多くなっていて、それであれば人件費を節約できることにも繋がって行くからになります。実際募集している求人を見てみても資格として医師を要件としているところがほとんどとなっています。

また、老人保健施設にて医師が老健施設長を務めることが良いとされているのは、老人保健施設には複数の医師が在籍していることもあるからです。その医師人材を管理するものが医師でなければ、老健施設長としての業務の遂行に大きな支障を来すことにもなりかねません。

さらに、老人保健施設といっても医療機関と一緒に併設されていることも非常に多いものです。その医療機関の院長が老健施設長にも従事することで、両方の施設について統一的な管理が出来るようになります。この場合は、医師としての老健施設長は非常に優位性を持って業務に当たることが可能になるわけですね。

その他、老健施設長は確かに医師の資格が求められることがほとんどとなりますが、年齢が若い医師や経験のそれほど多く無い医師になりますと多くの高齢者の健康管理を行わなければならない状況では医師としての能力不足を感じることが多くなって行くことでしょう。

それにより、ただ単に医師免許を持っているから老人保健施設で働いてみたいなどの理由だけでは決して務まらない職場になります。高齢者への理解や若手人材の管理等、ある程度の年齢的な成熟性を兼ね備えていなければ健全な老人保健施設の運営を実現させることは非常に難しくなっていくのです。

さて、そんな老健施設長として医師の経験を生かして従事して行きたいのであれば、求職エージェント等にしっかりと登録してキャリアアップを行っていってください。エージェントさんは日本全国に求人を抱えていますので、いろんな場所での求職を模索しているのであればとても大きな力になってくれることでしょう。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.