医師が老健施設長になる場合に陥りやすい問題は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 医師が老健施設長になる場合に陥りやすい問題は?

医師が老健施設長になる場合に陥りやすい問題は?

以前は医療行為を行っていくのは医療機関だけと言うイメージがあったものですが、最近では高齢者のライフスタイルにも非常に色々なものが出てきたことで、本来医療行為を提供しなかった場所でも提供が求められるようになりました。

その中の代表的なものの1つに老人保健施設がありますが、この管理者である老健施設長は医師資格を持つ方によって担当されることがほとんどです。でも、医師としてその老健施設長になる場合には陥りやすい問題などは存在しているものなのでしょうか?

実は医師として老健施設長になる場合は、その多くの方が医療機関における医療人としての経験をそのまま老人保健施設に導入して行こうという意識をもってしまうことが多いようです。基本的に老人保健施設は入所者の健康改善は行いますが、医療機関とは異なって治療を行うわけではありません。

老人保健施設おける医師はむしろ管理医としての性質が強く、入所者のケアは介護を基準にして行われることが基本です。そのために、経験のない老健施設長としての医師は介護中心の現場に混乱を来してしまう危険性を孕んでいるといえるでしょう。

また同時に、老健施設長として医師の視点で物事を考える方もいらっしゃいますので、自分以外の資格受持者を低く見てしまう医師気質を頑なに振りかざす方も非常に多くなっているのです。それにより、老人保健施設における実際の現場が医療機関の場合とは畑が違うことに大きく悩み、現場の人材管理についても管理上の問題を抱えてしまうことが目立ち始めます。

さらに、一部の医師で老健施設長として就任する場合に、老人保健施設では医師はほとんど残業が無いとか夜間勤務が無いとかの先入観で入職してしまうことがあります。これにより、実際は職務上当直などの勤務が発生することも多かったりすると、業務へのモチベーションを著しく低下させてしまうこともあるのです。

その他、当直の一般的に発生しない老人保健施設であってもオンコール対応で老健施設長あてにも呼び出し要請が掛かる場合もあり、このような業務の実情を入職前に理解しておかないとギャップに苦しんでしまうこともあるでしょう。

そんな医師として老健施設長のお仕事に興味があるのであれば、転職に関する支援サービスを上手く利用してキャリアアップを図っていくことをおすすめします。これらの支援サービスは登録に関してもすべて無料になって行きますので、出来るだけより多くのサービスへの加入をしていくことが宜しいのです。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.