老健施設長の医師のアルバイトの求人は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師のアルバイトの求人は?

老健施設長の医師のアルバイトの求人は?

老健施設で募集されているのは、一般的には常勤であれば壮年期を迎えていて、勤務医を退いた医師について募集がされているものです。よって、20代や30代といった若い世代の医師が老健施設の常勤医師となることは大体の場合においてないでしょう。とは言え、老健施設の医師は、バイトであれば多数の求人があります。これまでの業務で、もしも患者の方が急変した場合に対応した経験があるならば、老健施設のバイトとして採用される可能性があると考えられます。

老健施設での医師のバイトでの平均賃金は1時間で1万円ほどとなっていて、交通費に関しては施設によって規定が異なるでしょう。午前8時から午後5時までという勤務時間になっているケースもありますが、午前中のみや午後のみといった勤務体制になっている場合もあります。勤務日数についても、最短1日のみという『スポットバイト』と呼ばれるものもあれば、週に1度ずつ継続して勤務をするという仕組みになっているパターンもあるのです。

バイトで老健施設で医師が働く場合の仕事は、モーニングケアといって普段の生活のリズムを作るために目覚めを促進させて着替えをさせることや、寝ている間に脱水症状を起こさないように就寝前に水分補給をさせること、スムーズに眠れるように促すナイトケア、不顕性誤嚥により肺炎になってしまわないように、口腔ケアを行うことなど様々にあります。老健施設でバイトをするならば、まず全国老人保健施設協会に登録をして、希望する職種に応じて『リハビリテーション研修会』や『職員基礎研修会』などの研修を受ける必要があります。それぞれの施設でも勉強会が開かれていることもあるでしょう。経験が全くなかったとしても、一から学ぶことができますし、老健施設で働いてみたいという方は、最初に研修を受けることが適しています。そして、研修を受けながらネットなどを活用して求人を探していくことも大事です。

東京都昭島市には、午前9時から午後5時までの勤務という老健施設のバイトがあります。日給は8万円ほどで、施設に入所されている方の健康管理が主な業務内容です。毎週水曜日のみの日勤であることがポイントとなります。東京都江東区なら、毎週土曜日の午前中のみという勤務もあります。午前8時半から午後12時半までとなっていて、日給は半日で4万円です。2次救急の救急指定はあることを覚えておきましょう。この様に、老健施設の医師としてのアルバイトの求人があるということです。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.