老健施設長の医師の志望動機は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の志望動機は?

老健施設長の医師の志望動機は?

老健施設で医師として働くなら、老健施設の特徴を基にして志望動機を考えることが大切です。例えば、老健施設は病院から退院して自宅で生活できるようになるための、中継となる施設なので、リハビリの専門職が在籍しているという点や、医療についての対応がしっかりとしているという点、特別養護老人ホームよりも看護師数が多いこと、元気な入所者が多いこと、3か月から半年ほどの滞在になることなどといったことが挙げられます。

動機とするなら、リハビリに関心がありそれを学びたいと思ったということでも良いですし、入所している高齢者が頻繁に入れ替わるため、多くの高齢者のことについて学びたいということも一例となります。医療面での処置を覚えて今後介護をする際に役立てたいということも動機となるでしょう。老健施設の仕組みなどについて知っておく必要があるので、前もって調べておくことが大事です。老健施設には在宅復帰型という施設もありますが、こちらではよりリハビリが強化されているため、こうした施設で働きたいのであれば、リハビリに重点を置いて志望動機を考えることが賢明です。

病院から老健施設に転職をするなら、長く病院で勤務してきたものの福祉の分野に興味を抱いたということ、そして、福祉で活躍できる医師を目指したいと考え志望したこと、これまでの医療経験でも高齢者についての医療を積んできているので、新たに老健施設に入職したとしても、十分に力を発揮することができる点などを志望動機としてアピールすることもポイントです。医療と福祉が効率よく連携できるようにすることを目標とすることも一案です。

診療所からの転職であれば、診療所は地域医療について限界を感じることもあり、福祉の面でも興味を持ったこと、診療所で得ることができた医療面の理解力を福祉の現場でも活かしていきたいことなどが動機となるのではないでしょうか。これまでも老健施設で仕事をしていて、別の施設に移るという場合には、老健施設が施設毎に状況が違うことが少なくないことから、現在勤めている現場ではなく他の施設で働きたいと考えたこと、老健施設では経験を積んできているので、施設での医師として円滑に業務を行っていくことができる点などをアピールすることができるのではないでしょうか。医師としてだけではなく、スタッフの1人として入所者となる高齢者にきちんと対応するために、福祉の面を大切にすることも重要ポイントになります。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.