老健施設長の医師にとってのメリットって?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師にとってのメリットって?

老健施設長の医師にとってのメリットって?

医師として比較的年齢を上げて経験を積んだ方であれば、比較的入職する機会の多くなると言われるのが老人保健施設における老健施設長のお仕事です。老人保健施設は医療機関とは異なって、入所者の治療を行わずに健康的な管理を進めて行くことになります。さて、医師としてこの老健施設長を務めていく上のメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

・医療機関での勤務のように体力的負担が少ない
・60歳を超えても働ける場合も多い
・医師として接することが少なかった介護専門知識が得られる
・高齢の家族との向き合い方の参考となる

医療機関、特に総合病院のような多くの病床を抱えるところになりますと、定期的な当直業務が発生することになります。しかし、老人保健施設となりますと例外もありますが原則として当直業務が発生しないところが多くなるのです。そのため、医療機関ほどは体力に負担をかけない業務が出来ることになっていくことになるでしょう。

また、老健施設長として勤務できるメリットの中でもかなり大きなものが、60歳を超えても勤務できるチャンスが非常に大きくなるということになります。開業医を除いて、多くの勤務医は定年制度のなかで勤務している方も多くなります。その中で、老人保健施設になりますと年齢的な要件を設けていないことも多くなっているのです。

さらに、老健施設長と言う立場になりますと年齢の高い医師人材が重宝されることがほとんどですので、豊富な経験をじっくりと生かすことができる職場として注目されています。

そして、医師として医療現場で従事してきた方であれば介護現場というのは初めて接することが多いものです。そんな状況で、医師としての業務をこなしながらも入所者への介護の専門知識を現場で学べる大きな機会も得られるのが老人保健施設と言えるでしょう。

その他、医師といっても1人の人間ですからご家族の中に高齢の方がいらっしゃることもあるでしょう。老人保健施設での業務を通じて、自身の家族のケアに関する有用な情報なども入手できる大きなメリットもあるのです。 このように、医療機関における医師としてでは到底享受できない数々の良さが老人保健施設での勤務には詰まっていますよ。

そんな医師として老健施設長の業務に従事して行くのであれば、ネットにおける求職支援サービスへの無料情報エントリーを積極的に進めて行くことにしましょう。サービスには担当コンサルタントさんも在籍していますので、理想求人をマッチングしてもらえるのです。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.