老健施設長は施設内の人間関係に苦労するって本当?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長は施設内の人間関係に苦労するって本当?

老健施設長は施設内の人間関係に苦労するって本当?

最近では日本の高齢者の増加と少子化による核家族の深刻化も相まって、高齢者が生活をする場も非常に多様性が出て来るようになりました。つまり、高齢者が住居とすることの多い介護施設でも医療機能を併せ持つ形態のものが増えてきたのです。その1つとして、短期滞在型の老人保健施設が存在しています。

そして、この老人保健施設の管理を行うのに老健施設長としての医師が非常に多くなって行くのです。実はこの医師としての老健施設長は、施設内における人間関係に意外に苦労することもあるようですね。これは、一体どのようなパターンとなって行くのでしょう?

前述のように老人保健施設というのは、言ってみれば高齢者の介護スペースに医療サービスを合体させたような融通性の高い施設と言うことができます。このような経緯もあって、必然的に異なる分野の資格従事者が同じ空間で一緒に業務を行うことになっていきます。

このため、老人保健施設内の介護資格従事者と医療資格従事者の間において、人間関係上の摩擦が比較的頻繁に発生する傾向にあると言われているのです。さらに、医療と介護と言うのは本の業務に関する方向性が異なっていることもあって、同じ患者に業務を進めていく上で様々な矛盾が発生してくることになるでしょう。

老人保健施設などの高齢者施設では、特に介護士さんと看護師さんとの間で人間関係に問題が発生しやすくなると言われていて、医師である老健施設長はこの部分に調整について大変苦労することがあるようです。 また、老健施設長として就任してきた医師自身が介護分野への理解不足などの原因により、施設に在籍しているソーシャルワーカーやケアマネージャーなどの介護管理者とのコミュニケーションに難儀することもあると言われています。

これにより、老人保健施設への老健施設長としての入職を希望する場合は、事前に介護知識をある程度充実させていた方が入職後の業務に関してもスムーズに行えるようになっていくことでしょう。それと同時に、施設内における異種の資格保有者同士における人間関係の改善にも大きく役に立っていくのです。

さて、そんな医師として老健施設長への転職を行っていくのであれば、転職エージェントサービス等のツールを十二分に活用して転職にチャンレンジしていくことにしましょう。これらのサービスはすべてフリーコストで利用できますので、より多くのサービスへ情報登録して行くことをおすすめします。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.