老健施設長の医師の休日事情は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の休日事情は?

老健施設長の医師の休日事情は?

老健施設では、施設長は土日・祝日は休日となるケースが多いです。また、週4日のみ勤務が可能というパターンもあります。千葉県松戸市の老健施設では土日祝日が休みであり、オンコールの対応もほぼありません。長崎県長崎市のある老健施設については、オンコールはありますが土日祝日が休みとなっていて、オンとオフをしっかりと分けることができるでしょう。

静岡県浜松市の施設においては、週4日勤務が可能となっていますし、岐阜県多治見市のある老健施設のケースでは土日祝日が休みとなっていますが、相談をすれば平日も休みとすることができるでしょう。有給休暇も就任後半年から10日間利用することができるようになります。宮崎県宮崎市のケースでも、週4日から5日の勤務となり、当直やオンコールがないという点が特徴となっています。休みをしっかりと取ることができるので、家族との時間も大事にすることができますし、ゆっくりと休むことができ、プライベートを充実させることができると考えられます。

老健施設の医師は、その施設に配置されていることが重要であり、施設自体は営業をしていたとしても、全て出勤しなければいけないということではありません。休日をとることは認められているのです。月曜日から金曜日までの勤務で週40時間を満たしているのなら、通所リハビリテーションなどが土日等で行われているとしても、オンコール対応とすることができるのです。また、病院ならば当直医が必要になりますが、老健施設なら置く必要はありません。老健施設の中には、休日や夜間帯の対応について医療的な問題が発生したなら緊急ならば医師に連絡が入ることとなっている施設もあります。老健施設では、医師の休日はこうした対応になっているということです。

老健施設の医師の休日の過ごし方は様々です。中には陶芸をして休日を過ごしているという老健医師もいて、賞をもらうほどプロ級の腕前を持つほどであるということです。こうした趣味の時間に当てるというのも一案です。プライベートも充実させることができるのは、仕事のモチベーションに繋がりますし、大変に良いことではないでしょうか。また、ある老健施設の施設長は老健施設で勤務するようになってから、休日であっても健康のためということで、できるだけ2時間ほどは歩くようにしているということです。医師も体は大事ですし、健康に気を遣い体を動かすことは、休日の過ごし方としても有意義です。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.