老健施設長の医師の採用基準は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の採用基準は?

老健施設長の医師の採用基準は?

老健施設では主にリハビリが行われているために、医師が老健施設に施設長として採用されるなら、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などといった専門的な知識も必要となります。常勤医師になるなら特に、施設を総合的に管理するために視野を広く持ち豊かな経験を持ち合わせることも大事になります。そういったことから、誰でも勤められるということではなく、中堅やベテラン以上の熟練した医師であることが、採用のポイントとなることを覚えておきましょう。

非常勤医師であっても、夜勤になった場合は1人で100人ほどの入所者を見回らなくてはいけませんし、もし入所者の方に異変が起こったならすぐに対応できる能力が求められるのです。それでも、定期的に回診をするなどといった入所者の健康管理ができているなら、入所している方は大体が安定した状態となっていますし、医師の仕事としてそこまで難しいことはないのです。よって、非常勤であれば能力も大事ではあるものの、高齢者の方を大切にすることができるか、仕事についてなどネガティブな感情を抱いていないなどの資質に関することも、採用の基準となるのではないでしょうか。

応募する医師の資質に関しては、採用する施設側が判断することになりますが、なぜ転職をしたいのかという質問をすることで、見極められます。また、なぜこの施設に勤務したいのか、以前勤務していた職場を退職した理由についても聞かれるでしょう。親の介護や家庭の事情によって仕方なく転職を考える医師もいるかもしれません。しかし、多くが前の職場で問題があり、そこから去りたいということで、転職を決意するというケースとなっています。

施設側としても、大方はそういった事情を理解しているため、なぜ前の職場を辞めたのかという質問で資質を見抜くことができるということで、重要視していると考えられます。質問をされたときに嘘を言うことはもちろんいけませんが、実際自身に起きた問題をそのまま説明したのでは印象が悪くなってしまいかねません。よって、自分がこれからも前向きに働いていきたいのだという気持ちをアピールすることが大事になります。仮に起きた問題について伝えるとすれば、自分ならどの様に問題解決に乗り出すか、どういった職場が望ましいかといった点について述べることも採用されるためのポイントです。ただ、老健施設も施設によって採用基準は異なりますので、前もって情報を収集しておくことも必要です

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.