老健施設長の医師の適性は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長の医師の適性は?

老健施設長の医師の適性は?

特別養護老人ホームの施設長であれば、社会福祉主事の要件を満たすことや、2年以上社会福祉事業に従事していること、社会福祉施設長資格認定講習会を受講していることなどといった資格要件があります。管理者については、資格は必要ありません。一方で、介護老人保健施設の場合は、管理者(施設長)になるならば、介護老人保健施設を開設する方は都道府県知事の承認を受けている医師に施設を管理させることが必要になります。老健施設の施設長は通常は医師がなることがほとんどですが、施設の所在地の都道府県知事の許可があれば、医師以外でも施設長になることができるとされています。ただ、募集を見てみると医師の資格があることを要件としている求人が大多数となっています。

老健施設の医師は、医師免許があることが大事にはなってきますが、医師であっても年齢が若かったり十分な経験がない医師の場合は、多数いる入所者の健康管理を行うことについて、力不足のように感じてしまうこともあるかもしれません。よって、医師免許があるだけでは勤めることは難しい職場であると考えられます。ある程度の年齢を重ねて経験を積んでいる医師だからこそ、高齢者を理解することや、施設の人材を管理することなどといった円滑に施設が運営できるように力を尽くすことができるようになってくるのではないでしょうか。

医師として老健施設で働くとしたら、高齢者の方とコミュニケーションを図れることが適性として最も大事になります。話し合い手になってくれる方がほしいと考えている高齢者も多いことから、診察時や休憩時間などに何気ない世間話などを一緒にすることができるだけでも、入所している高齢者は大変うれしいことでしょう。こうした高齢者とのコミュニケーションが楽しく感じられるということこそが、老健施設の医師として適しているということなのです。高齢者と接することで得ることもあるでしょうし、自身も成長していくことができる可能性があります。反対に適していないのは、高齢者の言葉に傷ついてしまうことや、落ち込んでしまう医師です。中には言葉の厳しい高齢者もいるものですので、それをあまり気にすることなく対応できなければいけないということです。

老健施設では、医療行為を行うことがあまりありませんので、スキルアップは望めないことがありますし、医療の面での技術が落ちてしまうことが懸念されるかもしれません。よって、医療面でのスキルアップに拘らない医師は適性があるのではないでしょうか。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.