老健施設長に就任する場合の理想的な年齢は?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長に就任する場合の理想的な年齢は?

老健施設長に就任する場合の理想的な年齢は?

日本における医療機関には多くの医師が在籍しているのですが、それと同時に医師の慢性的な人材難は一層深刻化しているようです。医師の平均年齢も年々増加していて、今では一部の医師は医療現場から介護現場へと活躍の場を変える方も少なくありません。

その典型的なパターンとして、老人保健施設などの高齢者向けの施設への入職になります。そして、この老人保健施設における管理者つまり老健施設長として就任する形になって行きます。この老健施設長ですが、医師としては大体何歳くらいでの就任が理想的なのでしょうか?

通常の一般的な医療機関になりますと、30代から40代の医師が経験も豊富で臨機応変な治療を行うことができると言われています。しかし、老人保健施設などに医師として勤務する場合、とりわけ老健施設長と言う立場への就任となりますと人間的に成熟さを失い始める高齢者に対する大らかさを持ち合わせていなければなりません。

また、老人保健施設における老健施設長の役割は入所者の確実な健康把握となりますので、高齢者ときちんとコミュニケーションを取れる能力と器がなければ正確なヘルスチェックが出来ないと言えるでしょう。医師としての経験はもちろんですが、人間と向き合うことができる強い対人力が求められることいなります。

さらに、年齢が若い医師ですと核家族で育った世代も出てきますので、高齢者に接することに慣れていない医師も現実に存在しているのです。このような状況では高齢者の健康状態を日常的に管理して行くことは非常に困難で、やはり年齢が50代以上の医師が理想的な人材として求められるようになっていきます。また、60代を越えても老健施設長として引き続き勤務するチャンスがありますのであきらめずに見て行きましょう。

そして、年齢的な条件もそうですがそれに加えてやはり経営的にもある程度の経験や知識をもつ医師であれば、入職後における経営的な業務も大変やりやすくなっていくことでしょう。そのため、一部の老人保健施設では開業医として長年活躍されていた方を対象として、経験の必要な老健施設長へと招聘するケースも多くなっているようですね。

そんな老人保健施設の老健施設長として就任できる医師求人を目指して行くのであれば、転職エージェント等のネットサービスへ無料で情報登録を行っていくことにしましょう。これらのエージェントは非公開の求人を持っていので、数少ない老健施設長としての求人も紹介してもらえる可能性も大きくなって行くのですよ。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.