老健施設長を兼務する医師は多い?

老健施設長求人TOP >> FAQ >> 老健施設長を兼務する医師は多い?

老健施設長を兼務する医師は多い?

日本では一定期間に医療機関にて治療して退院した後でも、まだ自身で単独で生活していくには困難な状況もあります。その際に、老人保健施設に一時的に入所してさらに健康状態を回復しようとする場合もあるのです。 さて、この老人保健施設を管理している老健施設長ですが、その多くは医師資格者によって担当されていることが多くなります。その老健施設長ですが、医療機関の医師と兼務している人は多いのでしょうか?

基本的に老健施設長になり医師の方は、専属でその老人保健施設に所属していなければなりません。つまり、本職として医療行為を行っている医療機関に所属しながら老健施設長を兼務するのは原則的にできないということになります。

ただし、その老人保健施設が医療機関と同じ経営母体でなお且つ同じ敷地内に併設などされている場合は、そこの医師が老健施設長を兼務することができることになっています。よって、多くの医療機関の院長が併設する老人保健施設の施設長として兼務しているケースが多いのはこれが根拠となっているからです。

それでも、この医療機関の院長が老人保健施設の管理者として支障が無い働きをしなければならず、単に名目上の老健施設長になることは認められていないようです。よって、医療機関の医師業務と老健施設長の管理業務を兼務して行くことについては、きちんとした覚悟の上で業務が滞ることがないように取り組まなければなりません。

また、軽はずみに兼務しても医療機関の責任と老健施設長としての責任を別個に取らなければなりませんので、外見上だけで兼務をしていくことは万が一の際に大きな問題を抱えることにもなって行きます。 例えば、危険管理や火元管理等の責任も大きく背負うことになります。近年高齢者施設における事故や火災などが頻発していることもあって、施設管理に直接的に関与していなかったとしても法的に責任を負わされて被害者から直接的に賠償を請求されることも大いに考えられることでしょう。

そのために、仮に事実上老健施設長を兼ねる場合は他の人間に実質的な管理を委ねても良いように、しっかりと施設内の状況を把握できる体系を構築していなければなりません。

さて、そのような管理上において非常に責任の重い老健施設長へキャリアアップしていくのであれば、転職のための求職支援サービスに情報エントリーを進めていくことにしましょう。老人保健施設の医師求人はそれほど多くないこともあって、担当のコンサルタントさんによって好条件の職場を紹介してもらうことも可能ですよ。

老健施設長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 老健施設長求人ガイド【※医師向け情報サイト】 All Rights Reserved.